悩み相談所ホームタウン

様々な悩みに対して、霊的な原因があるかどうかを鑑定することができます

お問合せ・電話予約はお気軽にどうぞ
電話番号  0550-70-6334
受付時間  10:00~21:00

体験者の声

ホームタウンに来られた方々の体験談を公開しています。

 

不慮の事故で亡くなった先祖の供養 突然気胸を患って

M.Kさん(30代/男性)

私は数年前の夜、仕事から帰り、いつも通り部屋でくつろいでいると、右胸に違和感を感じました。「なんだろう?」と思いながら、気のせいだ、放っておけば治るだろうと思っていたのですが、数時間がたっても治らず、だんだん、息をするのが辛く、前屈みでないと歩けなくなり、その日、親に緊急病院へ連れて行ってもらいました。

そこで診察してもらった所、気胸と診察され、肺から漏れた空気を抜く処置をして頂きました。そうすると痛みは和らぎましたが、気胸は再発する事があるとお医者から聞き、すごく不安でした。

その話を会社の上司に話をした所、成仏出来てないご先祖様が、その苦しい状態に気付いて欲しくて、家族に病気で訴えてくる事があると教えて頂きました。その時はまさかと思いましたが、その時期はもうすぐお盆の時期であった事、祖父が子供の頃、祖父の兄弟が猟銃で遊んで胸を間違って撃たれて亡くなってしまった賢次という兄がいたという話を聞いたのを思い出し、ホームタウンを紹介して頂き、鑑定をして頂きました。

鑑定の結果、成仏出来ていないご先祖様の訴えがありますと教えて頂き、神事をして頂きました。

神事の中で、思い当たるご先祖様はいますか?と先生に聞かれましたので、賢次さんのお話をさせて頂き、神様にお伺いした所、自分の気胸は賢次さんが苦しい状態に気付いて欲しくて起こした事、祖父の子供の頃に亡くなったその日から神事の日まで、何十年もの間、苦しみの状態でいた事を教えて頂きました。

供養をお願いし、そこで不安だった気胸について質問をしました。病院は住んでいる近くの呼吸器科で診てもらえば大丈夫という事。再発はしない、今度は守っていくからねとお言葉を頂き、安心したのと守っていくというお言葉がすごく嬉しかったです。言われた通り、病院で診てもらって数年経ちますが、それから一度も再発しておらず、本当に守ってくれているんだなと実感しています。

神事の中で賢次さんからご先祖様に手を合わせる事、心を向ける事を忘れないでほしいとお言葉がありましたので、これからも守って頂いている事に日々感謝して、毎日を過ごさせて頂きます。

↑上に戻る

<先祖供養> 若くして亡くなった弟の供養

Y.Nさん(20代/女性)

約12年前に14歳の若さで弟が亡くなりました。

障害を抱えていた弟ですが、それまで元気に動き回っていたのに突然の死でした。みるみる体力が無くなり、最後には自分で起き上がることすら出来なかった弟を、私はただ側で見守ることしか出来ませんでした。

弟が亡くなってからも、なぜ死んでしまったのか、 何がいけなかったのか日々自問自答を繰り返し、急に悲しくなったり、弟がこの世からいなくなってしまった喪失感を抱えて生きる毎日でした。

そんな時にホームタウンに出会い、弟を供養してもらう機会を得ました。初めて弟の想いを聞くことができ、その嬉しさを今でも鮮明に覚えています。また亡くなってから初めて心が落ち着き、急に悲しくなり泣き出すことが無くなりました。

供養の神事の中で、亡くなってから私が弟に投げかけていた言葉も弟がちゃんと聞いてくれていたことにも驚きを感じました。人が亡くなり実体が無くなったとしても、人の想いは時や場所をこえて必ず届くものだと思いました。

↑上に戻る

<先祖供養> 自死した息子の供養

Y.Hさん(50代/女性)

私たち夫婦には息子がいました。しかしうつ病を患い自ら命を絶ってしまいました。私はその現実を受け止められず、毎日泣いて過ごし、主人は自分も息子を亡くし辛い思いをしていながらも、私を支えてくれました。

数年たったある日、主人が思いつめて私に「相談がある。インターネットで気になる所を見つけたんだ。あいつの声を聞けるかもしれない。」そう言いました。息子が亡くなって間もなくしてから、近所の人や、知らない人が、次から次へと宗教の勧誘に来て、その度に、息子の存在を否定されてる気がして、本当に辛い思いをしていましたので、私は正直な所、行きたくないと思いました。

その思いを主人に伝えると、「俺たちも前に進まなきゃ、あの子が心配するんじゃないか?そのためにも一度、行って相談してみないか?」と言われ、ハッとしました。あの子が今の私を見て、自分のせいで私が・・・と思ってしまってるのではないか、あの子には心配かけたくない。そう思い、私にとっては、とてつもなく重い一歩でしたが、足を運んでみる事にしました。

相談しながらも、涙がとまらず、そんな私を相談員さんが優しく受け止めてくれました。主人を鑑定してもらうと、「息子さん、成仏できてないです。そして自宅にも悪い霊が憑依してますね。」と言われました。成仏してない状態だと聞き、とてもショックでしたが、寿命を自ら断ち切ってしまった息子ですので、大きな罪を背負っているのだと思いました。

供養とお祓いを依頼して、その日は自宅に戻りました。そして仏壇に向かって主人と共に、どのくらいの時間だったか分かりませんが、ただただ、手を合わせました。

神事当日、先生とお会いし自宅のお祓いをして頂き、息子の魂を成仏の世界へ送って頂きました。主人も私も一番聞きたかったのが、何故、自ら命を絶ったのか、でした。先生が神様にその事を伺った所、自宅に憑依していた悪い霊のしわざだと教えられました。自宅には不成仏霊が憑依していたそうで、その霊が息子をあの世へ引っ張って行ったのでした。悔しくて悔しくて、私は泣きました。息子がこうなる前に、気付けたら・・・と思うと本当に悔しくて。

そんな私に息子は「お母さん、ごめん。俺が弱かったから、本当にごめん。」「俺、これからはいつも親父とお母さんを見守ってるから、もうこれ以上泣かないで。一緒にいるんだから、泣かないでくれよ。」と言いました。

私たちが本当に息子の言葉だと思えた理由は、供養の時に、息子の魂をスタッフの方に移してくれた事です。その方は息子がどのような方法で命を絶ったのか知らないのに、首が絞まって息が出来なく苦しんでいる状態になりました。その姿は衝撃的で、今でも思い出すと涙が出そうになりますが、その姿が、信じられる事につながりました。

先生とお会いした翌日、少し冷静になった私は、あの子の言葉を思い出していました。「一緒にいるんだから・・・」この言葉は宝物に思えました。今考えてる私の姿も、台所に立っている私の事も見ているのね。生きていた頃より、ずっと一緒にいるって事よね。そう考えると私の真っ黒だった心が、少しずつですが、色が落ちてくるような気がしました。主人も息子がここにいるように、いろいろ話しかけています。

↑上に戻る